中古車査定 ディーラー

ディーラーで中古車査定

長年乗り続けていた車でもいつかは手放さなくてはいけない時期がきます。
どれだけ程度がよくても現在の車の査定の基本は年式です。
年式が古くなると極端に査定価格は下がっていきます。
10年古くなると査定価格はないと思って間違いないでしょう。

中古車査定,ディーラー

 

ですから、特定のメーカーの車を長年乗り続けている人は、
その車のモデルチェンジごとに買い換える人が多いです。
メーカーのモデルチェンジは4年、5年ですから
車の買い換えには一番手頃な時期となるのです。

 

そうなってくると新しい車を買うためには
今乗っている車を買い取ってもらわなくてはいけません。
そうなると車を査定に出すことになるのですが、今回の場合はモデルチェンジした
新しい車を購入することが目的ですので、その車のメーカーのディーラーで査定をするのが望ましいです。
購入目的の下取りのほうが査定価格は上がる傾向にあるからです。

 

査定を出してもらう場合は交渉事に長けている人が有利とされていますが、
あまりにもクレームを言い続けると後に続く関係がぎくしゃくすることが考えられます。
1万円でも高く買い取ってもらうにこしたことはないのですが、それ以上に
人間関係が大事だと思えるので、査定で極端のもめる自体は避けたいものです。

 

明らかに自分の思っている金額に届かない場合は文句を言うよりも
ディーラー自体を変えたほうがいいでしょう。
変えた先のディーラーでも査定額にあまり大差の無い場合は
それだけの価値の車と言うことで納得もいくでしょう。

ディーラーで中古車査定関連ページ

ネットで査定
最近では、車の売却法としてネットで査定することが一般的になりつつあります。その大きな理由に、ネット査定だと古い車なども高く売れる場合が多いからです。
オークションで車を売る
オークションで車を売ることは、愛車を高く売る方法としては非常に可能性の高い売り方です。