中古車査定 車種

車によって査定は違う?【セダン】

昔から、自家用車といえばセダンが定番でした。
今でもその地位はゆるぎないものといえますが、ことファミリーユースに至ってはミニバンやSUVなどの多目的車にその地位を譲っているともいえます。
それでもセダンタイプの車は各自動車メーカーの最高級車として君臨していますので、やはりセダンは車社会そのものの象徴ともいえるでしょう。
多くのセダンタイプを紹介している書籍ではトランクが車室と独立していることを表記しています。

 

さてそのセダンタイプの車の査定価格はどうなっているでしょうか。
各自動車メーカーで最高級車を揃えるこのカテゴリーでは高級車は全てにおいて上質な素材を使用しているため車本来のエンジンはさることながら内装にも高級感を漂わせているため査定価格も一般の車種と違って別格といえるでしょう。

 

それでもセダンタイプには一般の人にも手の届きやすい大衆車のカテゴリーがあります。
このクラスですと他のカテゴリーでも同じように人気車かどうかで数年後の中古車査定価格が変わってきます。
特に大衆車では査定価格の下落が激しいので、あまり査定価格に多くのものを期待するのは難しいかもしれません。

 

基本的に車は3年から5年で買い換えるのが理想と言われています。
しかし現在は車のもちもよくなっていますから整備さえ怠らなければ10年でも15年でも乗れます。
後は乗る側が我慢強くなれるかどうかですね。

車によって査定は違う?エントリー一覧

エコカー

車には様々なカテゴリーがあります。そのカテゴリーの中ではこの10年来というものミニバンやSUVが人気となってきました。これは家族で遠出をするにも近場で買い物をするにも荷室スペースが広く何にでも応用が効くといった、まさに大は小を兼ねるといった車だったのです。一方その反面メーカーの努力はあったようですが...

続きを読む

SUV

SUVというカテゴリーが現在の日本でも浸透してきました。実際にSUVというと米国などの広大な土地や道路を疾走する大型車をイメージする人も多いかと思います。しかし日本でも馴染みの深いミニバンなどもこのSUVのカテゴリーに含まれますから、決して縁遠いものではないのです。それではミニバンも含めたSUVの魅...

続きを読む

クーペ

クーペは昔から若者の車というイメージがありますが、現在の若者は特に都会に住んでいる若者の車離れが著しいのが現状です。確かに交通網の発達した都会では車に乗る機会が少なく、購入費や維持費を考えたら乗らない選択がかなりの確率で高くなっているのです。このような中で、クーペは中高年世代の人の乗り物というイメー...

続きを読む

コンパクトカー

日本の道路事情に合った車といえばコンパクトカーや軽自動車をおいて他にありません。軽自動車では安全性やパワーに不安があるという人にとってコンパクトカーは最善の選択といえるのです。特に免許を取り立ての人にとって不安なのは、道路に出てからの一般走行ではなくて、目的地での車の停車や、自宅への車庫入れなどでし...

続きを読む

高級車

車が誕生して既に100年を超えていますが、昔も今も車を持つことがステイタスになっていることに変わりません。21世紀になった現在では誰もが車を持つ時代ですが、それでも高級車といわれる車を持つことは誰にでもできることではありません。日本車では高級車といっても600万円〜800万円出せば購入できますが、外...

続きを読む

外車

外国車といえばどこの国を思い浮かべるでしょうか。多くの人はドイツ車をイメージする人が多いのではないでしょうか。ドイツ車は大衆車もありますが、日本にとっては高級車のイメージが確立されています。ドイツにはみなさんもご存知のように速度無制限のアウトバーンがあります。ドイツ車はそのアウトバーンで快適に車の運...

続きを読む

軽自動車

軽自動車は日本独自の規格です。世界でも日本でしか走っていないといえば言い過ぎですが、それも間違った言い方ではないのです。軽自動車は狭い日本の道路事情を考慮してとてもコンパクトにまとめられた車です。その規格は他の車のどの車格よりも小さく、世界でも最小の車といえるでしょう。そのため軽自動車はその車両価格...

続きを読む