コンパクトカー 査定

コンパクトカー

日本の道路事情に合った車といえばコンパクトカーや軽自動車をおいて他にありません。
軽自動車では安全性やパワーに不安があるという人にとってコンパクトカーは最善の選択といえるのです。

 

特に免許を取り立ての人にとって不安なのは、道路に出てからの一般走行ではなくて、目的地での車の停車や、自宅への車庫入れなどでしょう。
特に自宅周辺は道路が狭いところが多く、車を運転するうえでの一番の難所となっているのです。
そのようなことから車庫入れがしやすいコンパクトカーが人気となっています。
取り回しが楽なので、特に女性に人気の車種といっていいでしょう。

 

排気量も少なめですから燃費も良く、何よりも自動車税なども割安になっている点がうれしいところです。
もちろんコンパクトカー自体の値段も安くなっていますのでとても購入しやすい価格であるといえるでしょう。

 

昔から安かろう悪かろうというイメージがありますが、コンパクトカーは数多い車のカテゴリーの中でも一番の売れ筋ですから、各メーカーも安全対策には抜かりはありません。
一説ではコンパクトカーは利益率が低くメーカーから見ても売上には貢献しても利益という面ではそんなに多くを望めない車種でもあるのです。
その分セダンやSUVなどで利益を取っているともいえますね。

 

コンパクトカーも人気によって中古車査定価格がかなり違います。
その時代の売れ線のコンパクトカーを購入するのが一番の選択といえるでしょう。

コンパクトカー関連ページ

エコカー
エコカーは今後の車社会の中心となると言える車なので、中古車市場でも中心となり高額査定が最も期待できる車です。
SUV
人気の根強いミニバンも含むSUVのカテゴリーは、エコカーが主流になる今後でも当分は高い査定額となりえる車種といえます。
クーペ
若者の車離れから一時期は人気が落ちがちであったクーペ。しかし、中高年齢層では再クーペに乗る人が増えてもいます。
高級車
ステータスの証と考える人が多い高級車は裕福層では、車検のサイクルで買い替える人が多い車ですが、中古車の市場では一般車とは異なると言えます。
外車
日本では外車といえばドイツ車。そしてドイツ車といえば高級車というイメージです。そして査定額も高くなりやすいので人気もあります。
軽自動車
軽自動車は日本の道路事情にマッチした車ですから、日本での人気は絶大です。そして車両価格や維持費も抑えられることが人気を後押ししています。