クーペ 査定

クーペ

クーペは昔から若者の車というイメージがありますが、現在の若者は特に都会に住んでいる若者の車離れが著しいのが現状です。
確かに交通網の発達した都会では車に乗る機会が少なく、購入費や維持費を考えたら乗らない選択がかなりの確率で高くなっているのです。

 

このような中で、クーペは中高年世代の人の乗り物というイメージが最近ではできあがっています。
これは子育てを終えて夫婦二人になった場合に、ミニバンなどの大きな車は必要もなく、かといって軽自動車に乗るのも安全性に不安を感じるといった人達が乗る車となっています。

 

各メーカーもクーペタイプの車は昔ながらのスポーツタイプの車と位置づけ高性能車を数多く輩出してきました。
それは現在でも連綿として受け継がれてきて、その人気の高さもあり、中古車査定価格も高値で安定しているといえます。

 

そんなに低年式にならなければ満足のいく査定価格を得られる希少なカテゴリーといえるでしょう。
人気車や絶版車であれば、10年落ち以上の車でも高値の査定価格が出ます。
特にオープンカーの人気は高く、どの年代であってもオープンカーの査定価格は高いので強気の交渉も功を奏すことが多いです。
オープンカーも走行中に開閉できるタイプであればさらに高査定となりますので、購入時には無理をしてでもそのようなタイプを選ぶようにしましょう。
近年はライトウェイトのスポーツカーが復活している印象がありますし、人気も上々といったところですね。

クーペ関連ページ

エコカー
エコカーは今後の車社会の中心となると言える車なので、中古車市場でも中心となり高額査定が最も期待できる車です。
SUV
人気の根強いミニバンも含むSUVのカテゴリーは、エコカーが主流になる今後でも当分は高い査定額となりえる車種といえます。
コンパクトカー
コンパクトカーは燃費や維持費、安全面から見てもとてもお買い得な車といえます。
高級車
ステータスの証と考える人が多い高級車は裕福層では、車検のサイクルで買い替える人が多い車ですが、中古車の市場では一般車とは異なると言えます。
外車
日本では外車といえばドイツ車。そしてドイツ車といえば高級車というイメージです。そして査定額も高くなりやすいので人気もあります。
軽自動車
軽自動車は日本の道路事情にマッチした車ですから、日本での人気は絶大です。そして車両価格や維持費も抑えられることが人気を後押ししています。