エコカー 査定

エコカー

車には様々なカテゴリーがあります。
そのカテゴリーの中ではこの10年来というものミニバンやSUVが人気となってきました。
これは家族で遠出をするにも近場で買い物をするにも荷室スペースが広く何にでも応用が効くといった、まさに大は小を兼ねるといった車だったのです。

 

一方その反面メーカーの努力はあったようですが燃費は見るべきところがなく月のガソリン代の負担は多くなっていきました。
たいていミニバンなどを持っている過程ではセカンドカーに軽自動車を持っているパターンが多く、買い物などには軽自動車でいくといったライフスタイルなのです。
これはこれで合理的なような気がしますが、大は小を兼ねるといった意味ではどこか矛盾しているようにも思えます。

 

そしてここ数年は環境に対する意識の変化でより燃費のよい車、すなわちエコカーの人気が上がっています。
これはハイブリッドカーに代表される車なのですが、他には電気自動車や、未来の車として期待されている水素自動車などがあります。
そして従来型であるガソリン車でもハイブリッドカーに負けない燃費を出している車もあります。

 

いずれにしても、コンパクトカーやミニバン、セダンなどの車のカテゴリーの中にエコカーが入ってきているのは否定できない事実です。
そしてこれからもそのエコカーがどんどん増えて行くでしょう。
人気のエコカーは中古車査定でもかなり高額で取引されています。
高値が常識となっているエコカーですが、中古車査定の高さを考えると購入時の高さも気にならないかもしれませんね。

エコカー関連ページ

SUV
人気の根強いミニバンも含むSUVのカテゴリーは、エコカーが主流になる今後でも当分は高い査定額となりえる車種といえます。
クーペ
若者の車離れから一時期は人気が落ちがちであったクーペ。しかし、中高年齢層では再クーペに乗る人が増えてもいます。
コンパクトカー
コンパクトカーは燃費や維持費、安全面から見てもとてもお買い得な車といえます。
高級車
ステータスの証と考える人が多い高級車は裕福層では、車検のサイクルで買い替える人が多い車ですが、中古車の市場では一般車とは異なると言えます。
外車
日本では外車といえばドイツ車。そしてドイツ車といえば高級車というイメージです。そして査定額も高くなりやすいので人気もあります。
軽自動車
軽自動車は日本の道路事情にマッチした車ですから、日本での人気は絶大です。そして車両価格や維持費も抑えられることが人気を後押ししています。