外車 査定

外車

外国車といえばどこの国を思い浮かべるでしょうか。
多くの人はドイツ車をイメージする人が多いのではないでしょうか。
ドイツ車は大衆車もありますが、日本にとっては高級車のイメージが確立されています。

 

ドイツにはみなさんもご存知のように速度無制限のアウトバーンがあります。
ドイツ車はそのアウトバーンで快適に車の運転ができるように設計されていますのでどの車も高速安定性について他社の追随を許さないのです。
もちろん日本ではそんなに速く走れる道路は存在しませんが、溢れるパワーが安全性を高める余裕ともなるのです。

 

そういった面からもドイツ車は日本人の気質にも合っているのでしょう。
アメリカの車と比べても日本人の体格に合わせたかのようなコンパクトさも魅力の一つとなっています。

 

ただし、一部の大衆車を覗けばドイツ車は高級車の部類に入りますから購入価格も跳ね上がります。
一般的に外国車はかなりの高値となることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。
それでも人々が外国車の購入に走るのはその中古車査定価格の高さによるものが多いと思います。
高級車の項でも書きましたが外国車も値崩れが起きません。
ですから3年経つと新車価格の半分に査定額が落ちることはありません。
高級車を並んで投機的な面から見ても優れた商品であるといえるのです。
もっとも外国車を購入できる人は今も昔も限られた人といえるでしょう。
外国車はやはり今でもステイタスといえるのです。

外車関連ページ

エコカー
エコカーは今後の車社会の中心となると言える車なので、中古車市場でも中心となり高額査定が最も期待できる車です。
SUV
人気の根強いミニバンも含むSUVのカテゴリーは、エコカーが主流になる今後でも当分は高い査定額となりえる車種といえます。
クーペ
若者の車離れから一時期は人気が落ちがちであったクーペ。しかし、中高年齢層では再クーペに乗る人が増えてもいます。
コンパクトカー
コンパクトカーは燃費や維持費、安全面から見てもとてもお買い得な車といえます。
高級車
ステータスの証と考える人が多い高級車は裕福層では、車検のサイクルで買い替える人が多い車ですが、中古車の市場では一般車とは異なると言えます。
軽自動車
軽自動車は日本の道路事情にマッチした車ですから、日本での人気は絶大です。そして車両価格や維持費も抑えられることが人気を後押ししています。