メンテナンス

メンテナンス

車に乗るのが日常である人は車のメンテナンスにも余念がありません。
走行距離に合わせてエンジンオイルの交換をすることは車を運転する人の基本中の基本です。
オイル交換は基本的にはメーカーが推奨する走行距離によって行うことになっています。

 

その走行距離は誰が見てくれるものではなく、運転するオーナーが走行距離を管理しなくてはいけません。
毎日乗ることがない車で走行距離が伸びなくても半年毎にオイル交換をする必要があります。
これはオイル自体が劣化するからです。

 

オイル交換だけでも細かいチェックがありますが、それと同じように車は走っていればタイヤも劣化します。
オイル交換ほどではないですがタイヤの溝のチェックも大事です。

 

その他にも車には日頃の走行の中で細かくチェックする項目は多いです。
最近はガソリンスタンドもセルフといって自分でガソリンの給油をするところが増えてきて、メンテナンスに気を配る場面が増えてきました。
自信が無ければ間を開けずにディーラーなどで車の点検をしたほうがいいでしょう。
基本的には半年ごとの点検は法令で義務化されています。

 

このようにメンテナンスをマメにすることで中古車査定価格は最後にモノをいうことになります。
メンテナンスをよく行っている車は見る人が見たらわかりますので、
それだけで最後の数万円、または数十万円が変わってくるのです。

メンテナンスは査定価格もそうですが自分の命を守ることにも繋がりますので怠りなくやっておきたいですね。